2020年5月27日水曜日

熱電対内蔵カートリッジヒーター

カートリッジヒーターの内部温度を計りたい場合(過昇温防止)に熱電対を内蔵させたヒーターの

製作が可能です。

2020年5月21日木曜日

マイクロヒーター

小さいスペースに最適なのが、マイクロヒーターです。細い径なのでシーズヒーターに比べて簡単に曲げる事ができます。ヒーターの中ではパワーがありながらも、フレキシブルなヒーターです。

2020年5月20日水曜日

カートリッジヒーター

カートリッジヒーターはニクロム線を熱源としてSUS304などのパイプで覆ったヒーターです。ヒーターの中でも比較的取り扱いやすい為、装置や設備等、様々な所で利用されています。

2020年5月18日月曜日

量産カートリッジヒーター

ご注文いただくカートリッジヒーターの中には

かなりの本数をまとめてご注文いただく場合もございます。

弊社のタイ工場で製造した場合、かなりお安くご提供する事が可能です。

今回は200本まとめて製作いたしました。

ヒーターを量産、低価格でご購入を希望される場合はご相談ください。

2020年5月13日水曜日

マイクロヒーター

タンク取り付け用のマイクロヒーターを製作しました。

防水性にも優れた仕様ですので、扱いやすいヒーターとなっています。

ヒーターのワイヤーはSUS316を使用しております。

配管やタンク等の保温をヒーターでと検討されている方はいつでもお問合せください。

2020年4月13日月曜日

L型カートリッジヒーター フレキ付き

カートリッジヒーターは熱板や金型の加熱に使用できるヒーターです。

熱損失が比較的少なく安定した加熱が可能で、内部は高純度のマグネシアを使用することで優れた耐熱性と絶縁性を持っています。写真の形状は、リード線出方をL型(横向き)にする事によって、機械的な損傷をなくすタイプのものになります。

またSUSフレキをつけることで、機械的な保護の役割を果たしています。

現状お使いのヒーターでお困りの事がありましたら是非お問合せください。

 

2020年4月10日金曜日

ヒーターの断線について

新規のお客様からヒーターの断線でお問合せをいただく事があります。

カートリッジヒーターを含め、ヒーターの断線でよくあるパターンが

  1. 被加熱物に対して、しっかりと接していない。カートリッジヒーターの場合は金型に差し込む事が多いのですが、

穴とヒーターとのクリアランスが大きいと空気層で断熱されてしまい、放熱しなくなって寿命が短くなる事があります。

きっちりクリアランスを少なくするのであれば、センタレス研磨等でしっかり金型に熱がいくようにしないといけません。

 

  1. ワット密度が高い場合も断線が早くなります。小さいスペースに無理やり容量を入れてしまうと寿命が短くなります。

少しでも太くするか、長くするかですが、場合によっては、ヒーター内部の材料を変える場合もあります。

 

  1. ON、OFFを少なくするのも効果的ではありますが、ヒーター単体ではどうする事もできない対策かと思われます。

 

何よりもまずは、断線している原因を追究するところから始めるべきかと考えています。X線等でみれば断線個所も特定できるので何故そこで断線がおきているのか。カートリッジヒーターのどの個所で一番熱がこもってしまっているのか、材質的に対応できる温度なのか、色々な角度から検討する必要があります。

 

カートリッジヒーター以外でも何かお困りの事がありましたら、お問合せ下さい。